麻黄湯も風邪の初期症状に使われる漢方薬で、体力がある人や症状に関節痛がある場合にこの漢方薬を服用すると効果が高いそうです。

感染症で関節痛と聞くと、インフルエンザにかかったことを思い出す人もいるかと思いますが、麻黄湯は、身体のふしぶしが痛むインフルエンザにも効果がありますよ。こちらも葛根湯と同じく発汗作用がある漢方薬ですので、汗をかくような症状には向いていません。風邪のひき始めで、関節痛を伴う場合に使うのが効果的です。その他にも、咳に対する効果がありますので、気管支炎やぜんそくにも用いられることがあるそうです。

用量・用法は、成人の方で1回1包、1日2回、食前に水またはお湯で服用しましょう。
2歳から服用できる漢方薬はとても多いですので、一家に1箱置いといて損はないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る