通販サイトの紫雲膏ランキングで1位を獲得するくらい人気の商品で、江戸時代に草案された漢方薬の中でも代表的な外用薬ですが、常備薬としてもオススメの薬です。

有効成分として、炎症を和らげたり皮膚の再生を手助けする紫根とゴマ油、当帰とミツロウ、豚脂が配合されていて、ヒビやあかぎれ、しもやけやただれ、あせもや魚の目、火傷などの皮膚疾患に効果がありますよ。

使用する際は、患部を清潔にした後で1日2〜3回すり込んだり塗布して、小児に使用させる場合は保護者がしっかり監督しましょう。

傷口が化膿している場合や、火傷やただれがひどい状態の人、患部が広範囲にある人や、薬に対してアレルギーを持っている人は、使用前に医師に相談することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る