柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)

体の熱や炎症を引き神経の疲れを癒して心と体の状態をよくします。ミゾウチから肋骨下部に張りのあるときなどや体力のあまりない繊細な人に向いています。
風邪がこじれて微熱や頭痛が続くときや更年期障害や血の道症、神経症や不眠症など精神が関わってくる動悸などにも適応にも適応します。

漢方にも少しは副作用が有りますので、人によっては服用時にむかついたり、食欲が出なくなってしまう可能性もあります。重いような副作用はありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあり、これを偽アルドステロン症といいますが、複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要となります。

そのほか、間質性肺炎と肝障害が報告されていますので、症状がある方は医師の相談が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る