柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)

柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)は身体の熱や炎症をひき、痛みを和らげる働きを行います。少し体力が落ちている人で、ミゾウチから肋骨下部が張り胸苦しさのある人に良いといわれています。

長びくカゼで微熱や頭痛・食欲不振になってしまった場合や胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胆石、肝炎など上部消化器系の病気にも該当します。

漢方薬は自然の草や木からとった生薬の組み合わせでできており、柴胡桂枝湯は、主薬の柴胡と桂枝(桂皮)をはじめとした9種類の生薬から作られています。

柴胡と黄ごんを組み合わせることによって炎症を鎮める効果を発揮し、桂皮は熱や痛みを発散させます。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を使用しているのをおもに使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る