桂枝加芍薬湯

桂枝加芍薬湯は、おなかが張って、腹痛や排便異常を起こしているときに用いる漢方薬です。下痢もしくは便秘があっても構わなく、ふだんから胃腸が弱く、体力のあまりない人に向いている薬なのです。

しかし、芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、偽アルドステロン症の副作用に注意が必要ですので、気をつけましょう。

桂枝加芍薬湯という漢方薬は、主薬の桂皮をはじめ、芍薬、生姜、大棗、甘草の5種類の生薬からなります。おだやかな発汗・発散作用のある桂皮、痛みをやわらげる芍薬、体をあたためる生姜、緩和作用のある甘草等が配合されており、これらが一緒に働くことで、よりよい効果を発揮しますので、身体の調子が悪い時に服用してみてはいかがですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る