安中散(アンチュウサン)

胃の痛み、胸やけ、胃もたれ、食欲不振などを改善してくれます。冷え性で痩せ型、体力のあまりない方にも向いています。安中散の構成生薬は、胃腸によい7種類の生薬で作られています。

胃の痛みに効果を発揮する延胡索、炎症や痛みを緩和する作用のある甘草、胃酸を中和してくれる牡蛎、そのほか、健胃作用のある“桂皮”や“茴香”、“縮砂”、“良姜”などが配合されており、これらが一緒に働くことで効果的に作用します。

安中散はよく処方される漢方薬で安中散の中は身体の中心部である胃腸をあらわし、胃腸を安らかにするという意味があります。
適応証(体質)は、虚証(虚弱)、寒証(冷え)、湿証(水分停滞)です。

芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬と同時に飲む場合には偽アルドステロン症の副作用に注意が必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る