今の時期は、各地で忘年会やパーティーなどが増えてきますが、連日になってしまう方も少なくないと思います。
食べ過ぎて胃がもたれてしまって、重要な接待などの飲み会に参加できないというときは、ぜひ大正漢方胃腸薬を服用してみてはいかがでしょうか。

種類は、粉の物から粒・飲むタイプなど3種類が用意されているので誰でも服用しやすいですね。
CMでも言われているように「食べる前に飲む」ということが重要になっています。

それは、一般に漢方薬は胃の中が何もない状態になっている方が薬効成分が、効率よく吸収されると考えられているので、大正漢方胃腸薬の服用時期も「食前又は食間」に設定されているのです。
食欲不振や胃のもたれで服用するときは、食事の30分くらい前が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る