人参湯は、胃腸の働きを高めて、食欲不振、胃もたれ、胃痛等を改善し、冷え性で痩せ型、体力のない人に向いている薬品だそうです。
薬品会社によりますが、胃アトニー症、つわり、胃痛等にこの漢方薬はよく効くそうです。

人参湯の構成生薬は、胃腸機能を高め体力や気力の回復を助けてくれる人参、無駄な水分を取り除く作用がある蒼朮、健胃作用がある乾姜、緩和作用の甘草の4種類です。
これらが一緒に働くことで、よりよい効果を発揮します。

使用にあたり、食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。お湯で溶かしてから、ゆったりとした気分で飲むのが良いですよ。苛々する時は、水で飲んでも良いそうです。
用法・用量は異なるようですので、医師の指示に従って服用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る